リスクが少ない投資とは

お金を出す男性

不動産投資はリスクが少ないです。
不動産投資では不動産を所有するのにローンを組んだり、快適な住空間にするためリフォームを行ったりと費用がかかると見なされています。
株式投資では口座を開設すれば、少ない金額からでも取引が可能なので、初心者でも始めやすいです。
しかし株の値動きは予想することが難しいです。
リーマンショックや東日本大震災など突然の出来事で株価が暴落し、損をした人はたくさんいます。
株式も不動産と同じように定期的なメンテナンスがないと、値動きが下がり続けているのに売却していないなどの事態が生じます。

不動産投資の良いところは、現物資産であることです。
どんなに不況に陥っても、土地の価値がゼロになることはありません。
投資へのモチベーションが下がったら、売却してまとまったお金に変えることも可能です。
土地の価格は比較的安定しているので、毎月一定額がプラスされます。
日本だけでなく海外の不動産を購入することもでき、日本で運用だけ行えば現地の言葉を習得する面倒もありません。
不動産投資を副業として行うと、所得税や住民税を節約できます。

最近では会社員が始めるケースが増えています。
駅から徒歩10分以内で、周辺にコンビニやスーパー、病院などがあれば、その不動産は空室になるリスクがほとんどありません。
オートロックなどのセキュリティ体制も重要で、初期投資は高くなりますが立地や設備を充実させることで、その後の家賃収入で黒字を出すことに成功します。
実際の運営は不動産業者に任せることで、自分は働かなくても不動産を持つだけで資産が増えます。
住民とのトラブルにも巻き込まれないので、家賃滞納などでも不動産業者が適切に対処してくれます。

関連記事